あなたは保育士の女性に対してどんなイメージがあるでしょうか?

優しくて、穏やかで、癒し系と言われるような女性の印象が強いかもしれません。ですが…本当に保育士の女性は男性がイメージする姿そのままなのでしょうか?

保育士の女性に憧れを抱く男性はとても多いですが、自分のイメージばかりが独り歩きしてしまうのは良くないことです。いざ付き合ってみたときにイメージと違って困惑することもあり得ます。

まずは、保育士の女性の真実について知っておきましょう。出会う前にまず心得ておきたい、男性が勘違いしている保育士の女性の実態とはどんなものなのでしょうか?

ハキハキ活発な人が多い(ほんわか、優しいではない)

保育士と言えば、優しそう、ほんわかしてそう、など印象を持つ男性は多いですよね。子どもを相手にする職業ですから、許容範囲が広く、何でも受け入れてくれそうな女性が多そうな感じはするものです。

でも、保育士の女性は本当に優しそうなイメージそのままなのでしょうか?実は違うのです。もちろん優しくてほんわかした女性も中にはいますが、保育士はハキハキしていて活発な女性が多いのです。

保育士の仕事は思っている以上にとても大変なものです。同時にたくさんの子ども面倒を見ていくためには、テキパキと仕事をこなしてはいかなければいけないからです。子供の世話は手間がかかるものです。優しくほんわかしているだけでは務まらないことも多いので、自然と保育士の女性はハキハキとしていくわけですね。

優しくて癒し系の女性をイメージして保育士の女性と付き合ってみたら、意外と明るくて活発な女性で驚いた…ということは意外とあり得ることなので、注意してくださいね。ほんわかした女性像に期待しすぎるとギャップに戸惑ってしまうことが多いでしょう。

気の強い女性が多い

それから、意外と保育士の女性は気が強い人が多いことも知っておきたいところですね。保育士の仕事は結構大変であることが多いとはお伝えしましたが、そんな大変な保育士の仕事をこなしていくためには、ある程度強い心が必要になってきます。

子どもの世話を一度に何人もこなす…考えてみただけで、ちょっと心が折れそうな気はしてしまいますよね。いくら仕事とはいえ、保育士さんでも「もう嫌だ!」と逃げたくなるくらい大変な時はたくさんあるでしょう。子どもはワガママで手がかかるものですから、自然と気が強くなっていくのも頷ける話です。

保育士の女性と付き合ってみたら、尻に敷かれるくらい相手の女性の気が強かった…ということもあり得るでしょう。自分を癒してくれることばかりを期待せず、お互いにサポートし合える関係になれることが一番ですね。

男性から見た、保育士のイメージに悩むことも

実は多くの保育士さんが、男性から見た保育士のイメージ悩んでいるものなのです。保育士といえばやはり優しくて穏やかそうな印象が強いですよね。そのため、保育士の女性の方も「落ち着いている感じを見せないと幻滅されてしまうのかな…」と気にしているところがあるのです

保育士なら穏やかそうな印象を相手の男性に与えなければいけない、ということに変にプレッシャーを感じてしまい、男性の前ではうまく振舞えないこともあります。自分の勝手な保育士のイメージを、付き合う女性に押し付けないことが大切でしょう。

息を抜く暇がなく、肉体的にも精神的にも疲れる

保育士という仕事は多忙を極める職業で、体力のない女性には結構きついと言われているところがあります。子どもの世話が好きで保育士になったという女性でも、仕事の激務っぷりに参ってしまうことはあると言います。

そのため、保育士の女性と付き合う際には、お相手の女性は仕事で心身ともに疲れることが多いということは理解しておきましょう。女性の方にばかり癒しを求めるのではなく、相手も保育士という大変な仕事に就いているのですから、支えてあげようとする姿勢を持つことも大事なのです。